披露宴のプロフィールムービーの効果と制作時の注意点

完成度の高いプロフィールムービー

プロフィールムービーの効果とは

まずはあいさつから入る

いきなり、新郎と新婦の紹介をするのはおすすめできません。
披露宴に参加してくれたゲストに、あいさつや感謝の言葉を述べてください。
それから改めて、紹介に進めます。
一般的には、新郎を先に紹介します。
それから新婦という順番になっていますが、最近は順番を気にしない人たちも増えています。

新郎と新婦を交互に紹介しても良いでしょう。
自分たちで、好きなスタイルを選択してください。
伝えたいことが多い場合は、年表形式にするのも良い方法です。
それなら短い時間で、これまでの人生をゲストにたくさん伝えることができます。
3分を越えるプロフィールムービーになると、ゲストが飽きます。
短時間で情報を伝えることを、目標にしてください。

どんな写真が良いのか

プロフィールムービーを作成する際は、必ず写真が必要になります。
綺麗に写っている写真や、何をしているのかすぐに分かる写真を選択してください。
学校生活の思い出を、プロフィールムービーに入れたいと考えている人もいるでしょう。
それなら、学生時代の友人が一緒に写っている写真がおすすめです。
ゲストの中にも、学生時代の友人がたくさんいると思います。

プロフィールムービーの中に自分が写っていたら、きっと嬉しい気持ちになります。
友人と写っている写真を選択するのは良い方法ですが、大人数での集合写真はおすすめできません。
写っている人数が多いと、新郎や新婦がどこにいるのか分からなくなります。
数人で撮影した写真が良いですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る